紙魚の市

恵文社 一乗寺店で開催されました、紙魚の市へ出店してきました。始めてのお店以外での出店だったので、準備も最後までドタバタしてしまいましたが、無事出店できてよかったです。
お立ち寄り下さった皆様、ありがとうございました!
一緒に出店されていた、他のお店も個性それぞれな素敵なお店でディスプレイなど勉強になりました。アトリエにちかは、お店の場所からしてもわざわざ訪ねて来てくださるお客様が多い場所なので、今回は偶然寄られたお客様ともお話ができて色々なるほど〜と思うこともあり、やりたいこともまたムクムク出てきました。

IMG_20151031_125026  写真が…、全体の風景を撮るのを忘れてしまい…、自分のブースだけなのです。

DSC_0067~2~2

白い布を染めて作った野に咲くようなマーガレットの花のコサージュブローチ

IMG_20151031_153244

どうしても作りたくて、試行錯誤で作った宿り木のコサージュブローチ。ちょうどクリスマスのシーズンにもぴったりですね。こちらも白い生地をカットして染めるところから手作りしています。

実は、宿り木の透明感のある感じが出したくて、ガラスのビーズを使いました。ガラスのビーズは「アトリエにちか」からも近いラ・ドログリーで見つけました。ラ・ドログリーは、クラクラするくらい可愛いパーツや同じビーズやリボンでも色がとても良く手作りが好きな方はたまらないお店だと思います!

アトリエにちかのコサージュブローチもweb-shopにアップしたい!!と思いながらも他の作業をしてしまい後回しになっていますが、近々できるように頑張ります☆

コサージュ作家 fujikoさん

あっという間に暖かくなりましたね。ここ数年寒さにすごく弱いので、冬の間は本当に暖かくなる日なんてくるのだろうか…と勝手に心配していましたが、今日みたいに暖かいと、そうそう春って暖かかったなあと思いだしました。

最近はweb-shopの準備をすすめています。
予定より遅くなっていますが、3月30日くらいにはオープンできるかなと思います。

といっても、まだ商品数は少ないのですが、その中で今日はコサージュ作家さんのfujikoさんをご紹介します。

20150318b-1

fujikoさんのお花と初めて出会ったのは京都のマーケットで、お花の色と持つ空気感にふわ〜っと引き寄せられたのを覚えています。
fujikoさんのお花は、大きいお花も小さいお花も全部ちゃんと表情があります。大量生産の作業では生まれない色のグラデーションや深み、花びら一つ一つの形、そんな表情がfujikoさんのお花の魅力だなぁといつも手に取っては思っています。

今回は普段使いできるコサージュブローチとして製作していただきました。普段コサージュは付けない方でも、シンプルなシャツやボーダーのカットソーなんかにも合わせて頂ける大きさとデザインかと思います。ぜひfujikoのお花と一緒に春のお出かけをしていただきたいです。