オープンしました☆

IMG_20150619_132305

6月19日、無事にオープンを迎えることができました。

お店の前は人通りがほとんどないので、ひっそりゆっくりのオープンでした。それでも、オープン前はバタバタするもので、とにかく今はほっとしています。

DSC_1018~2

初日、二日目と、お思いがけず大切な方々より沢のお花をいただいて、じーんと感動してしまいました。コツコツ頑張っていきたいと思います。

IMG_20150619_132136

来週は、第4週目なので土曜日はお休みで金曜日のみのオープンです。少ない営業日ですがオープンに間に合わなかったアトリエにちかのオリジナルのブローチも並ぶ予定です。お散歩がてらお出かけいただけると嬉しいです☆

広告

ものづくり

4月から1年間の友禅研修がスタートしました。課題作品と、自分のオリジナルデザインの染め帯を製作します。最初は、課題作品に描く、自分で選ぶお花の写生から始まります。

20150427b-2

実物の植物を写生してデザイン化して柄にすること、実は私にとっては始めてのことです…といっても植物のデザインは沢山これまでもしてきたのですが、その場合は写真で資料を本やwebで集めてきたり、実物を見ても写真を撮って後で見て参考にしながらデザインにして…というかんじでした。写生をしてデザインすること、それがすごくよいことだということは知っていましたが、今まで仕事の中でデザインをしてきて、なかなか手間と時間がとれないのも事実でした。
今回研修でやってみて、ほんとに学ぶところが多く驚きがありました。デッサンともまた違い、線で形をとらえながら絵のメモとでもいうのでしょうか、とにかく色んな角度から見て植物の特徴を描いて、時には本当のメモも書込みながら描いていきます。絵として描く練習というよりは、とことん見て、特徴をつかんで、そしてつくりを理解することにつきます。そこで、手を動かさないと感じられない気づきのようなものが本当に沢山ありました。

20150227b-1シレネというお花を選びました。

 

 

そして最近は、ブローチ店アトリエにちかの為にオリジナルのブローチの製作を始めています。20150427b-3

今はまだまだ試作の段階で、形を決めてから生地違い、色違いで手で染めをしてみて、ブローチに組み立ててみて…の試行錯誤が続いています。できたものは実際につけてみて、1日過ごしてみたり。“完成”までもう少し時間がかかりそうですが、頑張ります☆

 

 

そしてそして先日、またKathy’s kitchenさんへお菓子を習いに行ってきました。今回はマフィンです☆20150427b-4

簡単ですぐできるのに、本当にお店のような味になって、またまた感激でした!形も外国のカフェにありそうな美味しそうなキノコ型にふっくら膨らんでこれもまた感激でした☆

コサージュ作家 fujikoさん

あっという間に暖かくなりましたね。ここ数年寒さにすごく弱いので、冬の間は本当に暖かくなる日なんてくるのだろうか…と勝手に心配していましたが、今日みたいに暖かいと、そうそう春って暖かかったなあと思いだしました。

最近はweb-shopの準備をすすめています。
予定より遅くなっていますが、3月30日くらいにはオープンできるかなと思います。

といっても、まだ商品数は少ないのですが、その中で今日はコサージュ作家さんのfujikoさんをご紹介します。

20150318b-1

fujikoさんのお花と初めて出会ったのは京都のマーケットで、お花の色と持つ空気感にふわ〜っと引き寄せられたのを覚えています。
fujikoさんのお花は、大きいお花も小さいお花も全部ちゃんと表情があります。大量生産の作業では生まれない色のグラデーションや深み、花びら一つ一つの形、そんな表情がfujikoさんのお花の魅力だなぁといつも手に取っては思っています。

今回は普段使いできるコサージュブローチとして製作していただきました。普段コサージュは付けない方でも、シンプルなシャツやボーダーのカットソーなんかにも合わせて頂ける大きさとデザインかと思います。ぜひfujikoのお花と一緒に春のお出かけをしていただきたいです。

お店のこと

ようやくアトリエ兼ブローチ店の内装が整ってきました。
壁をペンキで塗ったり、板を貼ったり、棚を作ったり…旦那さんにも手伝ってもらいながらの作業でした。

 

shop-1

中はこんな感じです。2m×2mのすごく小さな空間なので写真が難しいのですが…


 

 

shop-2壁のひとつは薄いグレーに塗りました。わざとペンキのはけのムラをだしてみました。
棚ができないうちから、待ちきれずに飾ったうさぎのお皿。
鳥の絵は本からの模写の練習で自分で描きました。


 

 

shop-5

棚は市販のものも探したのですが、味があるのがいいなと古い物を探したりするとサイズが難しかったので、壁と同じ足場材を使ってDIYしました。


 

shop-6壁に付けた棚も、ちょっと味わいある感じに塗ってみました。


 

shop-4壁にはツバメが。フランスのマーケットで見つけたお気に入りです。なかなか立体的です。


 

shop3

外はこんな感じです。看板もそうですが、もう少しグリーンで飾りたいなと思います。

お店のイメージを考えた時に浮かんだのはヨーロッパの古い街にある小さなブローチ専門店です。
イメージの中の憧れのお店に近づけるように、こだわりを持って年月を重ねていきたいです。

 

web-shop準備中

年始に目指せ1月中web-shopオープン!とは言っていたものの…
結局オープンはできず、3月初旬を改めて予定にしました。

言い訳のひとつが、古物商許可申請をするのが遅すぎました。
申請してから1ヶ月くらいはかかるようです。古物商許可申請、知り合いの噂???程度では、すぐ取れるよ〜と聞いていたのですが、
確かに特別な知識などは必要はないのですが、区役所や法務局(初めて行きました!)に行かないといけなかったり、色々な書類の記入など手間はかかります。

私はwebで調べて、書類もダウンロードして記入し警察へ持って行ったのですが、警察の担当の方が言うにはまずは一度警察に行って、業種などなど相談して書類の種類や記入内容を確認してから申請した方がいいですとのことでした。
確かに私も記入漏れや間違いもあり、書き直しになってしまいました…
でも無事に申請は完了しました。警察の担当の方もとても親切でした☆

私がこの古物商許可申請をしたのも、ブローチ店でヴィンテージのブローチも扱う予定にしているからなんです。
元々、古いものが持つ雰囲気やデザインがブローチに関わらず好きで、外国にも行く機会があったので初めての仕入れをしてみました。
一人でフランスへ行った時に蚤の市やマーケットをまわって買ってきたものです。

20150209b-1

この写真だと、わぁブローチが沢山ありそう!となるところ何ですが実際はこんな感じで売っているところを見つけるのはすっごく大変です…(慣れてないのもあると思うのですが)

特に可愛いデザインで、品質もそこそこで、お値段も高級じゃない…となると目をギラギラずっとさせながら蚤の市をひたすら探してようやくという感じです。
この写真の蚤の市は、パリの蚤の市の情報アプリに載っていて訪ねた場所でした。当時、スマートフォンを持ちたてだったのもあるのですが、アプリとかあるんだ…と感動しました。(フランス語でしたが…)

少しだけ販売するブローチ達の一部をご紹介しますね。

20150209b-2

品がありつつも可愛い犬のブローチ。

20150209b-3

モザイクのブローチ。とっても繊細な可愛さです。

20150209b-4

昔のプラスチックの犬のブローチ。
ペロッと出てる舌がなんとも可愛いです。

最初にご紹介したのもそうですし、他にも犬のモチーフのブローチがあるんですが、それも舌がペロッと出ています。
フランス?ヨーロッパ?では、犬は舌がペロッと出てるのが可愛い定番なんですかね〜☆

仕入れて来たのは、動物モチーフとお花もチーフがほとんどです。特に動物モチーフは顔や姿の好みがぴたっとはまるとどうしても欲しくなってしまうんです。

そうそうこのブローチ達、買付けなので販売の目的ですよね。なので日本に持って帰るには税関を通って税金を支払わないとダメです。
小さなお店だし量も少ないからハンドキャリーでそのまま…なんて話も聞いたことはありますが、当たり前ですがダメですよね。
ちゃんとお店したいんだから、ちゃんとしないと!ということで、初めて税関での申請をしました。
その辺の話は長くなるので別で書きたいと思います☆

ペンキ塗り

連休はDIYをしていました。
家に小さな庭…ともいえないような、本当に小さなスペースがあり、
そこにウッドデッキを作ろうという計画です。
計画は順調でしたが最後に部品のサイズ違いが発覚…
完成は来週になりました。

DIY熱が久しぶりに上がったので、その勢いで
アトリエ兼お店になる予定のドアのペンキを塗りました。
もともとペンキ屋さんが塗ってくれていたのですが、防水にかけたスプレーがムラになってしまっていたのです。

20140916b-1

割とちゃんと塗れました。ブルーグレーのような色です。
家の前で塗っていると、ご近所の方が通りかかり
「自分でペンキ塗るなんて偉いわ〜偉いわ〜」
としきりと褒めてくださり恥ずかしかったです。

この調子でアトリエ内も早く整えられるよう頑張ります!

 

 

blogをはじめます

20140910b-1

 

はじめまして、アトリエにちかの福田です。
京都に住んで、14年。学生の頃から着物が好きで、1年と少し前まで
着物の会社で働いていました。
ご縁があって現在も着物や帯のデザインをさせていただいてます。

そして、会社を辞めることを決める少し前から、
ムクムクと湧いてきた学生の頃からの夢のひとつ、ブローチ屋さん。
やるのは5年後…?10年後…?いやタイミングはここしかないでしょう!
ということで準備を始めました。
あれもこれもと、のんびりしていたら時間はあっという間!
ブログでは、そんなお店を始めるまでの道のりや、
デザインのお仕事のことなど、自分の記録も含めて書いていこうと思います。